FAQ よくある質問

QUESTION 相談したいときはどうすればよいですか?

当サイトのお問い合わせフォーム、またはお電話にてご相談の予約をお願いします。日程調整をしますので、当事務所へお越しください。
初回の相談は無料で行っています。

QUESTION 依頼の流れを教えてください。

【鑑定評価業務】
・依頼の目的を踏まえて、鑑定評価が必要かどうか、簡易な価格調査で対応できるのかどうか、どのような条件で鑑定評価を行うか、相互に確認することから始まります。
・適宜、鑑定評価で使用される用語の説明をいたします。
・鑑定評価の条件などについて確認した内容に従い、「確認書」を作成します。
・「依頼書兼承諾書」により鑑定評価の契約を交わし、作業を進めます。
・報酬額はご依頼の時に決定し、鑑定評価書などの納品時に請求いたします。

【行政書士業務】
・それぞれの業務の内容により作業の進め方が異なります。
・まずはご相談の中で、ご依頼の内容を確認し、「依頼書」または、必要に応じて「委任状」を作成します。
・許可申請などにおいて事前調査が必要な場合は、事前調査の報告で一区切りとし、調査結果を踏まえて本業務の「依頼書」「委任状」を改めて作成します。
・報酬額および請求時期(作業完了時、申請書類一式の提出時など)はご依頼の時に決定します。
※行政書士業務は成功報酬ではないことに留意が必要です。
※業務により着手金が必要な場合もあります。

QUESTION 報酬はどのくらいかかりますか?

【相談】
初回のご相談、契約に向けた打ち合わせは無料です。

【鑑定評価業務】
・鑑定評価書の作成報酬は、当事務所の報酬規程にもとづいて決まります。
・価格調査報告書は、依頼目的、必要とされる報告の精度、作業量などに応じて決定します。

【行政書士業務】
・業務の内容により、また、同じ業務でも個別的な事情により作業量が異なります。打ち合わせの中で決定します。
・なお、日本行政書士会連合会や他の事務所のホームページなどで報酬額を公表しておりますので、参考になさってください。標準的な報酬は大きく変わりません。